但馬アルペンロードの林道をセローでトコトコ散策してきた

セローで瀞川氷ノ山林道(氷ノ山ストレート)

2021年の夏休み。

セローに乗って関西有数の大規模林道「但馬アルペンロード」へ行ってきました。

ハチ北にキャンプして身軽なセローでトコトコ散策。2泊3日で満喫してきました。

ルート

但馬アルペンロードを中心に、枠内のエリアを走り回っていました。

1日目

京都〜ハチ北
高速道路
ハチ北
キャンプ地:森とぼくの休日
但馬アルペンロードを散策

2日目

但馬アルペンロードを散策
近隣ツーリング
虎臥城大橋、神子畑選鉱場跡

3日目

ハチ北〜京都
下道

但馬アルペンロードの散策動画

但馬アルペンロードの林道ツーリングの様子。

旅の記録

セローに荷物を詰め込み出発。

今回は2泊3日で荷物多めなので、シートバッグとサイドバッグにキャンプ道具を積載。

セローにキャンプ荷物を積載(サイドバッグとTTPL防水バッグ)
セローにキャンプ荷物を積載(サイドバッグとTTPL防水バッグ)
セロー250のカスタム記録(キャンプツーリング仕様)セロー250のカスタム記録(キャンプツーリング仕様)

お目当ては現地の但馬アルペンロードなので、往路は高速道路で一気にワープ。

今回宿泊したキャンプ場「森とぼくの休日」では、ハチ北スキー場のゲレンデにテントを設営。

ハチ北スキー場内にあるキャンプ場「森とぼくの休日」
ハチ北スキー場内にあるキャンプ場「森とぼくの休日」
「森と僕の休日」の「草のひろば」サイトにテント設営
「草のひろば」サイトにテント設営

今回は2泊3日と連泊するので、ややゆとりのあるテントにしました。

モンベルのテント「クロノスキャビン2型」
モンベルのテント「クロノスキャビン2型」
キャンプツーリングのテント「クロノスキャビン2型」バイクでキャンプツーリングする時のおすすめキャンプ道具一式

テントを設営し荷物を下ろして身軽になったら、早速バイクで周辺を散策。(林道ツーリングの様子は動画を参考。)

瀞川氷ノ山林道(氷ノ山ストレート)
瀞川氷ノ山林道(氷ノ山ストレート)
はちまき展望台
はちまき展望台

林道を走り回ってヘトヘトになって帰ってきたら、キャンプ場のCAFEで癒されタイム。

苺とわたしの休日
苺とわたしの休日

また、このキャンプ場に併設のプチホテルにて、お風呂も利用可能。連泊&汗だくの身に最高の環境。

キャンプ場で風呂上がりのビール
キャンプ場で風呂上がりのビール

キャンプがメインでないソロのキャンプツーリングでは、キャンプ飯はいつも手抜き全開。近所のスーパーマーケットで買ってきた惣菜で済ませています。

惣菜オンリーのズボラキャンプ飯
惣菜オンリーのズボラキャンプ飯

キャンプ場は標高700mにあり、星空も綺麗。(iPhoneのナイトモードで撮影)

ハチ北スキー場にあるキャンプ場から見た星空
キャンプ場から見た星空

2日目はまる1日ツーリング。午前中の林道ツーリングで足腰が疲弊したため、午後からは座って走れる一般道ツーリングに切り替え。

虎臥城大橋(通称:めがね橋)
虎臥城大橋(通称:めがね橋)
神子畑選鉱場跡
神子畑選鉱場跡
神子畑選鉱場跡
神子畑選鉱場跡

朝来〜養父周辺は景色もよく観光スポットもたくさんあるのでツーリングにオススメ。

山が似合うセロー朝来〜生野キャンプツーリング

帰りは途中まで下道で、「道の駅:瑞穂の里・さらびき」で黒豆ソフトを食べて、そこからは高速道路でワープ。

道の駅「瑞穂の里・さらびき」で食べた黒豆ソフト
道の駅「瑞穂の里・さらびき」で食べた黒豆ソフト

今回のキャンプツーリングでは拠点を作ってキャンプ場に2泊3日で連泊しました。

連泊することで、時間と手間の掛かるテントの設営・片付けを1度で済ますことができ、中まる1日を身軽な状態で走り回ることができます。

日帰りでは届かない遠距離エリアのツーリングを堪能できるので、この連泊スタイルは次からも活用していきたいなと思います。