セロー250のカスタム記録(キャンプツーリング仕様)

セロー250のカスタム記録(キャンプツーリング仕様)

セロー250(2019年)のカスタム記録。純正オプションが中心です。

最初は林道トコトコツーリングに行っていたものの、今は普段の街乗りとキャンプツーリングが主な用途。

それに伴い装備もどんどん追加され、最初からツーセロ(ツーリングセロー)にしときゃよかったという今の形に至ります。

今のセローの外観

セロー250のキャンプツーリング仕様
セロー250のキャンプツーリング仕様
セロー250のキャンプツーリング仕様

カスタム内容

ツーリングセロー・アクセサリーパッケージ

後からアレもコレもと付けていくうちに、ツーセロの装備全部付けになっていました。

ロングツーリングに欠かせないほどの快適性が得られます。

アドベンチャースクリーン、ハンドルガード(ワイズギア)
アドベンチャースクリーン、ハンドルガード(ワイズギア)
セローのアドベンチャーキャリア
アドベンチャーキャリア(ワイズギア)
アルミアンダーガード(ワイズギア)
アルミアンダーガード(ワイズギア)

コックピット・ハンドルまわり

アドベンチャースクリーンにはマルチパーパスバーが付いていて、そこにスマホホルダーとGoProマウントを装着。

セローのアドベンチャースクリーンとマルチパーパスバー
アドベンチャースクリーンとマルチパーパスバー

ハンドル中央にUSB電源、ETCアンテナを。

ツーリングセローのコックピット
ツーリングセローのコックピット

ZETAのバーライズキットでハンドルの高さを少し上げています。身長が高いので姿勢が楽になりました。

ZETAのバーライズキットでハンドル高さ19mmアップ

バーライズキットには19mmと30mmがあって、今は19mmを付けています。ツーリングシートに替えてシート高が少し上がったので、30mmも試したい。

ツーリングシート

長距離ツーリングをするとお尻が痛くなるので、ツーリングシートに変更。長距離ツーリングがとても快適になりました。

セロー ツーリングシート
ツーリングシート(ワイズギア)

また、座面が少し高くなるので、窮屈だった膝が楽になりました。身長高い人にオススメ。

パフォーマンスダンパー

高速道路を使うことが増えたので、高速走行時の緊張感・疲労を軽減してくれると噂の製品を取り付けました。

セローにパフォーマンスダンパー装着
パフォーマンスダンパー(ワイズギア)

街乗りのフィーリングもしっかりした感じになり、肝心の高速道路では顕著に安定性が増し80〜100km/hでの走行がとても快適に。疲労感が減って長距離ツーリングが楽になりました。

ETC

高速道路を乗るのにやはりあると便利。カードの出し入れしやすいよう、ワイズギアの外付けケース(ETCブラケット3)です。

セローにワイズギアのETCブラケット3
ETCブラケット3(ワイズギア)

タイヤ

タイヤはセロー純正の「ブリジストン TRAIL WING TW301/302」

セロー純正タイヤ「ブリジストン TRAIL WING TW301/302」

オンロード 7割:オフロード3割の、とても使いやすいタイヤ。

ただ、実際の使用割合はオンロード 9.5割:オフロード0.5割なので、オンロード寄りの「IRC PROTECH TRAIL WINNER GP-210」も試してみたい。

セローのオンロード向けタイヤ「IRC PROTECH TRAIL WINNER GP-210」
IRC PROTECH TRAIL WINNER GP-210

キャリア・荷物積載

日帰りツーリング程度なら、タンクバッグ一つで出掛けています。

セローにタナックスのオフロードタンクバッグ3を装着
タナックスのオフロードタンクバッグ3を装着

キャンプツーリングにはやはり、アドベンチャーキャリアが欠かせません。

セローのアドベンチャーキャリア
アドベンチャーキャリア(ワイズギア)

シート座面とフラットで幅が広く、しっかりした作りなので、安心して荷物を載せることができます。

サイドバッグを付けることもあるので、アドベンチャーリアキャリア用サドルバッグサポートも付けています。

セロー・アドベンチャーリアキャリア用サドルバッグサポートでマフラーガード
アドベンチャーリアキャリア用サドルバッグサポート(ワイズギア)

これがあることで、転倒時にガードしてもらったことも何度か。

また、アドベンチャーリアキャリアはフックをかける場所が少ないので、ワイズギアのビレットラゲッジフックセットを取り付けています。

アドベンチャーリアキャリアのビレットラゲッジフックセット
アドベンチャーリアキャリアのビレットラゲッジフックセット(ワイズギア)

この装備で長距離キャンプツーリングも快適に走ることができます。

キャンプの荷物は、タナックスのシートバッグ一つにまとめたり。

セローでキャンプツーリング
セローでキャンプツーリング

サイドバッグを追加したり。気分によっていろいろな形を楽しんでいます。

セローにTTPL防水バッグとサイドバッグでキャンプ荷物積載
TTPL防水バッグとサイドバッグでキャンプ荷物積載
セローにリアボックスとツアーシェルケース2装着 セロー250のキャリア越しにツアーシェルケース2を取り付け