N-VANにベッドキット(MGR customs)を導入しました

N-VAN車中泊の快適性を上げるべく、ベッドキットを導入しました。

選んだのは、人気の「MGR customs」のパンチカーペットタイプです。

ベッドキット導入後の車内

取り付けは、車体に穴あけ・加工の必要がないので、一人でも簡単にできます。(2時間ほどでできました。)

N-VANにMGRベッドキットのフレームを取り付け
N-VAN MGRベッドキット(パンチカーペット)のフルフラット

MGRのベッドキットは高さを調整することができるのですが、助手席を倒してフルフラットにしたいため、その高さに合わせて組み立てました。

N-VAN MGRベッドキットの高さを助手席に合わせてフルフラットに
N-VAN MGRベッドキットの高さを助手席に合わせてフルフラットに

ベッドキット床下のサイズ

床下にはコンテナボックスを入れる予定ですが、参考サイズとして次のようになります。

  • 床下の高さ:約24.5cm
  • スライドドア(助手席側)の横幅:約50cm
  • スライドドア(運転席側)の横幅:約36cm

ベッドキットの必要性

N-VANを購入して1年、ベッドキットを導入するか否かずっと迷っていました。

というのも、N-VANはもとから助手席側フルフラットになるため、一人で車中泊するだけならベッドキットがなくても快適に過ごせます。

NVAN車中泊時の車内の様子

私の場合、ソロで車中泊+キャンプというのが基本スタイルなので、キャンプ道具は全部外に出して車内では寝るだけなので何の問題もありませんでした。

N-VAN車中泊キャンプにあると便利な道具

そんな中で今回導入に至った理由は、次のケースに対応するためです。

スノーボード車中泊

冬にはスキー場に前泊(車中泊)して、朝イチのゲレンデをスノーボードで滑るのが楽しみの一つ。

N-VAN車中泊スノーボードにあると便利な装備スキー場でN-VAN車中泊するのにあると便利な道具

車中泊する場所がスキー場の駐車場となるため、車中泊道具・スノーボード道具一式を外に出しておく訳にはいかず、車内がかなり手狭になります。

N-VANスノーボード積載しての車中泊
N-VANにスノーボード積載しての車中泊

ベッドキットがあると、スノーボード道具一式を床下に収納できるので、広々快適に車中泊が楽しめます。

N-VAN MGRベッドキットの床下にスノーボード道具を収納
N-VAN MGRベッドキットの床下にスノーボード道具を収納

子供と二人で車中泊

小学生の子供と二人で車中泊キャンプに行くこともあります。

子供が小さい頃は運転席の後ろスペースで寝れていたのが、さすがに大きくなってくると窮屈に。

MGRのベッドキットは、運転席側もシートを倒して床下に入れることでフラットにすることができるため、二人でも広々寝転ぶことができます。

N-VAN MGRベッドキットの床下に運転席の椅子を倒す
N-VAN MGRベッドキットで運転席も倒して完全なフルフラットに
N-VAN MGRベッドキットで運転席も倒して完全なフルフラットに

ベッドキットのデメリット

一方で、ベッドキットを導入することで感じたデメリットもあります。

低い床下と室内高の強みがなくなる

N-VANの特徴である、低い床下と縦に広がる大空間の強みがなくなりました。

重くて大きい荷物の積み下ろしが楽だったのですが、荷台スペースの高さが上がってしまいました。

また、室内高を活かして、自転車を積んでトランポしていたこともあるのですが、それができなくなりました。

ピラーレスで床面の低いNVANなら自転車の積み込みも容易

とはいえ、ベッドキットのフレームは工具なしで着脱できるので、必要な時だけ取り外して対応できそうです。

NVANに自転車を車載する方法N-VANに自転車を車載する方法

ベッドキット導入の費用

ベッドキット導入には、やはりそれなりの費用が掛かります。

ホンダのN-VAN純正アクセサリーにも「マルチボード」という商品名のベッドキットが販売されていますが、ラゲッジ用・リア用と合わせると値段が高いです。

しかし、MGR customsのベッドキットだと、その半額ほどで購入することができます。

値段が安いにも関わらずこれだけの品質なので、購入者評価が非常に高いのも頷けます。

私の場合、普段は荷物を置き、寝るときにはマットを敷くため、パンチカーペットのものにしましたが、車中泊に特化するなら、クッション材の入ったレザータイプのものもあります。

もっと導入コストを節約したい場合は、イレクターパイプで自作するという手もあります。

N-VAN イレクターパイプDIY

ベッドキットを導入することでデメリットもありますが、それ以上に得られるメリットの方が大きく、導入して正解だったなと思います。