N-VAN イレクターパイプDIY

N-VANの使い勝手をもっと良くすべく、イレクターパイプでプチDIY。

モノを置いたり、引っ掛けたり、取っ手にしたりと、使い勝手が格段に上がります。

荷室の壁面

設計

うちのN-VANには純正の「ルーフインナーサイドパイプ」と片側だけ「有効ボード」が付いているので、それを残す形で左右壁面に取り付けることにしました。

NVAN室内

左側壁面には、縦にパイプをつけることで乗り降りの際の取っ手に。また、パイプを横に通してモノを引っ掛けたりするのに使いたい。

NVAN荷室壁面にイレクターパイプ取り付け設計図

右側壁面は有効ボードで穴が埋まっているので、入り口の取っ手のみ。

NVAN荷室壁面にイレクターパイプ取り付け設計図

イレクターパイプ取り付け

まずはイレクターパイプDIYのための材料・道具を調達。

イレクターパイプDIYの道具・材料

公式サイトで部材を選んで、近所のホームセンターで調達してきました。

公式サイトの「ヤザキショッピング」など、ネット通販でも購入することができます。

パイプ取り付け箇所のユーティリティーナットは真ん中をポチッと押すとキャップが外れます。そこにアタッチメントを取り付け。

アタッチメントはAmazonで購入しました。

そして、ホームセンターで買ってきたイレクターパイプを必要な長さに切断。

矢崎純正のパイプカッターは値段が高かったので、これもAmazonで購入。

片手でパイプを持って、もう片方の手でカッターをクルクル回すと簡単に切断できました。(徐々にカッターの締め付けを強めていけば、それほど力も要らず切断できます。)

アタッチメントにジョイントと切断したパイプを取り付けて完成。

NVAN壁面にイレクターパイプ取り付け

パイプを横に渡すジョイントは矢崎純正のメタルジョイント(型番:HJ-1)を、コーナージョイントはスペーシア製の「NSJ-16 メタルジョイント Rコーナー用」を取り付けました。

NVANイレクターパイプにスペーシア製の「NSJ-16 メタルジョイント Rコーナー用」取り付け

ジョイントパーツには、イレクターパイプと同じ外径で互換性のあるスペーシア製の方が、値段が安いですね。

もう片側の壁面にも入り口に取っ手を取り付けてDIY完成。

NVAN壁面にイレクターパイプ取り付け(有効ボードは残した)

壁面パイプの活用アイデア

壁面のパイプはモノを引っ掛ける以外にも、アイデア次第で色々と活用できそうです。

例えば、パイプにタブレットホルダーをマウントすることで、仰向けに寝転びながら動画を観れるようにするとか。

キャンプやスキー場で車中泊する機会が多いのですが、寝袋に入ってぬくぬく映画鑑賞して過ごす時間は至高です。

N-VAN車中泊キャンプにあると便利な道具N-VAN車中泊スノーボードにあると便利な装備スキー場でN-VAN車中泊するのにあると便利な道具

天井収納

NVANは天井が高いので、天井スペースを有効活用すると収納レベルがぐんと上がります。

うちのNVANには純正の「ルーフインナーサイドパイプ」が付いていますが、これもアタッチメントを取り付ければイレクターパイプでDIY可能。

NVANにパイプを取り付けて天井収納を作る
MEMO

純正のルーフインナーサイドパイプの直径がイレクターパイプより小さいためにジョイントが合わず、うちでは代わりにインテリアバーを引っ掛けて利用しています。

パイプを横に渡したり、ラゲッジネットを張ることで様々な活用法が生まれます。

  • スキーやスノーボードのラック
  • 釣竿のロッドホルダー
  • 服を掛けるハンガーバー
  • かさばる荷物をまとめて天井収納に

普段はラゲッジネットを張って、服や寝袋、プライバシーシェードなどの軽くて嵩張るモノを天井収納に隠しています。

インテリア・バー

天井の横に渡しているパイプは、引っ掛けるだけのインテリア・バーを利用しています。

当初はサイドパイプにジョイントを付けてイレクターパイプを付ける予定だったのですが、パイプの直径が異なるために取り付けできず断念。代わりにインテリア・バーを引っ掛けるだけにしました。

取り付けは、サイドパイプ(またはアシストグリップ)に引っ掛けて固定ゴムで縛るだけ。値段も安価なのでオススメです。