N-VAN車中泊スノーボードにあると便利な装備

N-VAN車中泊スノーボードにあると便利な装備

NVAN買ったらやろうと思ってたのが、前日の夕方〜夜にスキー場入りして駐車場で車中泊を楽しみ、ぐっすり寝て翌朝一番に新雪を頂くという、一度で二度楽しいN-VAN車中泊スノーボード。

あると便利な装備・道具を紹介します。(まだ納車したばかりで充実していませんが、随時アップデートします。)

足回り

NVANは4WDでスタッドレスタイヤ。これは必須。

NVANスタッドレスタイヤと黒ホイール

ボード・荷物積載

濡れた荷物を置くのでラゲッジマットを敷いた荷室。

スノーボードと車中泊道具一式(一人分)を積み込むと荷室はこんな感じになります。

スノーボードと車中泊道具一式を積み込んだNVAN荷室

長物の板も、運転席下のスペースに入れ込んで、そのまま縦に積み込むことができます。

NVAN荷室にスノーボードを積載(運転席下の空間があるので長物も入る)

天井にボードラックを付けられるといいんだけど、荷物積載に欠かせないルーフインナーラックを優先して、板は床置き。

また、ベッドキットを入れると床下収納に板を置いて広く使えるんだけど、車内で着替えたりするのにこの室内高さは欲しいので、導入を見送っています。

グローブやゴーグルなどの小物類は、有効ボードやルーフインナーラックにS字フックで引っ掛けるとスッキリしますね。

雪山での車中泊

夜の気温は氷点下になる中で、エンジンを切った車内で過ごすには寒さ対策が必須。

まず、窓から寒気が入るのを抑えるために、窓に貼るプライバシーシェードは厚めで断熱性のあるものを。

注意

‎趣味職人プライムのプライバシーサンシェードは、フロント/リア用で商品が分かれています。

床下からの寒気は、キャンプ用のマットを2枚重ねにして対策しています。

NVAN雪山で車中泊の様子

また、ラグや厚手のレジャーシートを敷いておくと更に快適。オススメはコールマンのレジャーシート ミニ。NVAN荷室にぴったりのサイズです。

NVAN荷室にサイズぴったりのコールマン レジャーシート ミニ
コールマン レジャーシート ミニ

寝袋は本格的な冬山登山用でなければ、1枚では無理です。(寝袋に記載の快適温度を確認。)

私は、モンベルの寝袋(ダウンハガー650)の#3と#5を二重にして寝ていますが、外気温-5度程度では少し暑いくらいです。

また、車内で過ごす時や寝袋の中で寝る時に足元が寒ければ、フットウォーマーを履くと快適です。

モンベル「エクセロフトフットウォーマー」(象足)
モンベル「エクセロフトフットウォーマー」

電源が取れるのであれば電気毛布を、お湯が沸かせるのなら湯たんぽを使うのも良さそうです。

ボードウェアの着替え

NVANは室内高さがあるので、車内で中腰になって着替えができるのはNVANならでは。

また、テールゲートも広く荷室が低いので、大きな屋根の下(荷室)に座って快適にブーツの脱ぎ履きができます。

テールゲートバーを付けておけば、濡れたウェアを掛けておけて便利です。

NVANテールゲートバーでウェアの着替えも楽ちん

大雪対策

車に積もった雪を落とすのにスノーブラシは必携。

COFITのこの製品は、天井に積もった雪をかくのに十分な長さがあり、雪かきはブラシで、凍った窓はスクレーパーでと万能。収納サイズもコンパクトなので使い勝手が良いです。

地面に積もった雪を取り除くのにスコップもあると安心。

プラスチック製よりアルミ製の方が、ある程度固い雪にも対応できてオススメ。この製品は収納サイズが小さく軽量なのでお気に入りです。

あと、積もった雪の上を歩くのに防寒・防水ブーツ。

これはワークマンの「氷雪耐滑ケベックNEO」で、3000円未満で買えるコスパの高さはさすが。