N-VAN車中泊キャンプにあると便利な道具

N-VAN車中泊キャンプ

車中泊ができるN-VANならテント設営が不要なので、とても手軽にキャンプができます。

私がN-VAN車中泊ソロキャンプで利用している道具を紹介します。

車中泊

NVAN車中泊で寝る時の車内の様子
NVAN車中泊時の車内の様子

車内

車内で快適に過ごすための工夫や道具。

収納

イレクターパイプで荷室の壁や天井に収納を設けて、車中泊のスペースを広く確保できるようにしています。

工夫次第でいろいろな形に作ることができるので、気になる方はコチラの記事も参考に。

N-VAN イレクターパイプDIY

ウィンドウメッシュ

夏は車内が暑くなり窓を開けておかないと車中泊は厳しいので、虫除けネットを。

N-VANウインドウメッシュ

N-VAN純正アクセサリーの「ウインドウメッシュ」だと、サイズピッタリで脱着も簡単なのでオススメ。

プライバシーシェード

就寝中に外から車内が見えないように、窓にはプライバシーシェードを。

私が利用している「趣味職人」のものは素材が厚くて断熱性が高いので、特に秋冬では窓から寒気が入るのを抑えてくれます。

注意

‎趣味職人プライムのプライバシーサンシェードは、フロント/リア用で商品が分かれています。

レジャーシート

荷室の床にはクッション素材のあるシートを敷いておくと、快適性アップだけでなく、床下からの寒気も抑えられます。

NVAN荷室にサイズぴったりのコールマン レジャーシート ミニ

オススメはコールマンの「レジャーシート ミニ」。NVAN荷室にぴったりのサイズです。

座椅子・テーブル

車内で快適に過ごすのに、座椅子とテーブル。

座椅子は、折り畳みができて座り心地の良いものを。

テーブルは、座椅子に座って足を伸ばして利用できるサイズのものを。安定感があり、折り畳み式で収納性も抜群。

靴箱

キャンプ場に着いたら、モックシューズに履き替えてリラックス。

靴は100均で買ったシューズトレーに置いて、運転席の下に収納しています。

MERRELLのモックシューズ「HUT MOC」

ライト

車内の灯には、スノーピークの「たねほおずき」。

NVAN車中泊のライトにマグネットの「たねほおずき」

マグネットでくっつけたり、ぶら下げたりと自由に使えて便利です。

隣に貼り付けているタニタのマグネット式の時計・温湿度計もあると何かと重宝します。

夜のトイレなど外を出歩くのに必須のヘッドライトは、モンベルの「コンパクトヘッドランプ」。汎用性の高い単三電池1本で使用できるので便利。

そして、ケース代わりに使っているのが「クラッシャブル ランタンシェード」。ヘッドライトに被せると、光を拡散してランタンになります。

寝具

マットレス

寝る時はマットレスを敷いて、その上に寝袋で寝ています。

NVAN車中泊で寒い時はマット2枚重ね

冬のスキー場で車中泊することもあり、極寒の環境ではマットレスを2枚重ねにしています。

N-VAN車中泊スノーボードにあると便利な装備スキー場でN-VAN車中泊するのにあると便利な道具

マットレスは、収納サイズ・快適性・サイズもピッタリなサーマレストの「Zライト」が手軽でオススメ。

寝袋

寝袋は、季節によって次のものを使い分けています。

  • 春秋の暖かい時期:モンベルのダウンハガー#5(快適温度 8℃、使用可能温度 3℃)
  • 夏:インナーシュラフのみ
  • 春秋の寒い時期:モンベルのダウンハガー#3(快適温度 3℃、使用可能温度 -2℃)
  • 冬:モンベルのシームレス バロウバッグ EXP.(快適温度 -11℃、使用可能温度 -18℃)
モンベルの寝袋(ダウンと化繊の収納サイズの違い)
MEMO

寝袋の素材は大きく分けてダウンと化繊の2種類があります。

  • ダウン:軽い、収納サイズが小さい、値段が高い
  • 化繊:重い、収納サイズが大きい、値段が安い

私の場合は、登山・バイク兼用なので収納サイズの小さいダウンを利用していますが、車なら多少大きくても問題ないので価格の安い化繊のもので良いかと思います。

また、インナーシュラフを1枚持っておくと便利です。肌触りが良く快眠性が高まり、寝袋を清潔に保つことができます。

私も利用しているSEA TO SUMMITの「サーモライトリアクター」は、寝袋の保温性を最大8度向上させ、夏はコレ単体で過ごせます。

枕はHikentureの「エアーピロー」。

色々試しましたが寝心地快適で、収納コンパクト、カバーを取り外して洗濯可能なのも良い。

キャンプ

ソロキャンプ道具
NVANの隣でキャンプの様子

タープ

車中泊キャンプといっても大半は外で過ごすので、雨風や日差しを遮り、プライバシー空間を確保するにはタープがあるといい。

ソロ用タープ

普段は、ソロ用のタープを張っています。

N-VAN車中泊キャンプで使っているタープ「ペンタシールド」

タープを張ると雰囲気がグッと上がります。

愛用しているのはスノーピークの「ライトタープ ペンタ シールド」。

バイクでのツーリング用に購入したものですが、状況に応じて柔軟な張り方ができ、見た目もスタイリッシュなのでお気に入り。

キャンプツーリングの雨対策にタープ「ペンタシールド」キャンプツーリングの雨対策にタープを導入

カーサイドタープ

設営簡単でお手軽なのは、車の側面などに張ることで住居空間を広げることができる「カーサイドタープ」。

N-VAN × ogawaカーサイドタープAL-II

私が利用しているのは、ogawaの「カーサイドタープAL-II」。

普通のタープに比べて設営がとても簡単なので、気軽にサクッとデイキャンプにも活躍しています。

ファニチャー

椅子・テーブル

椅子はヘリノックスの「チェアワン」。少し値は張りますが、座り心地は別格。収納時もこんなにコンパクト。

ヘリノックスの「チェアワン」収納時

キャンプ中はほとんど椅子に座って過ごすので、椅子は良いものを買っておくことをオススメします。

テーブルは、DODの「ライダーズテーブル」。

DODのライダーズテーブルとヘリノックスの椅子の高さ

収納サイズがコンパクトでバイクツーリング用に買ったのですが、高さが椅子とピッタリで、小物が収納できるメッシュポケットも付いていて、とても便利なのでいつも使ってます。

調理スペースなどに、少し大きめのテーブルをもうひとつ。

昔、家族キャンプ用に一目惚れで買った、スノーピークの「ワンアクションローテーブル竹」。竹の天板が素敵で、もう何年も使ってます。

収納

細々したキャンプ道具は、無印良品の「ポリプロピレン頑丈収納」ボックスに入れています。

キャンプ道具を入れるのに、無印良品のポリプロピレン頑丈収納ボックス

テーブルにもなるし、頑丈なので座ることもできるし、小物類をガサっと放り込めるので便利です。

ラック

キャンプ道具などを置くためのラックは、価格がリーズナブルなのに作りのしっかりした「NANGOGEAR」のものを使っています。

キャンプ道具ラック(NANGOGEAR)

無印良品の頑丈収納ボックス(大)にも丁度いいサイズです。

ランタン

ランタンは、DODの「ポップアップ ランタン」を利用しています。

ポップアップ構造で収納サイズがコンパクト、LED、防水、ソーラー充電もできて言うことなし。

ランタンスタンド

ランタンや小物類を引っ掛けておくのに、LYIYIのランタンスタンドを使っています。あると便利。

LYIYIのランタンスタンド

調理・食事

バーナー

ガスバーナーはカセットコンロのガス(CB缶)が使える、SOTOの「ST-310」を使っています。

CB缶はアウトドア用のガス(OD缶)より安いし、コンビニ等どこでも手に入るのは安心。

風には弱いので100均の風防を使ってます。

クッカー・フライパン

クッカーはスノーピークの「アルミパーソナルクッカーセット SCS-020R」。

大小2つの鍋が付いており、大サイズはラーメンを茹でるのにちょうど良い大きさ。また、熱伝導率の高いアルミ素材なので米を炊くのにも適しており、小サイズで米1合の炊飯にピッタリです。

蓋はお皿になるし、簡易的なフライパンとしてちょっとした炒めものにも使えます。

フライパンは、焚き火でもガシガシ使える鉄フライパン。

ブッシュクラフト「たき火フライパン」の取っ手には100均のすりこぎ棒

愛用しているブッシュクラフトの「たき火フライパン」は、持ち手を現地調達の自作で楽しむコンセプトなんですが、100均のすりこぎ棒を少し削るとミラクルフィットします。

他にオススメなのが、遠赤外線効果で温める調理器具、ユニフレームの「マルチロースター」。

ユニフレームの「マルチロースター」

トーストやワッフル、お餅、お酒のツマミに乾き物を炙るなど、工夫次第でいろいろ楽しめます。

マグカップはスノーピークの「チタンシングルマグ 300」。保温性高いダブルもありますが、直火で温めなおしたいのでシングルで。

クーラーボックス

サーモスの「ソフトクーラー 20L」を使っています。

サーモス ソフトクーラー 20L

2リットルのペットボトルが縦に入る高さで、20Lの容量はソロキャンプでたっぷりの食材と飲み物を入れるのにちょうどいい大きさ。

リーズナブルな価格ながら、保冷製の高さはさすがサーモス。

冷たいビールを飲むのに欠かせないのが、サーモスの保冷缶ホルダー。缶ビールをコレに入れておくと、冷たさのキープが全然違います。

サーモスの缶ホルダー

カトラリー

カトラリーは軽くて使いやすい「ゴーバイト」。スプーン、フォークに加えてお箸が欲しかったので、ケース付きでセットになっている「ゴーバイト QUATTRO」を使っています。

ゴーバイト QUATTRO

調理用のナイフは、オピネルのNo.9(ステンレス)。サイズは細かく選べるので手の大きさと用途に合ったものを。

オピネルのナイフNo.9(ステンレス)

焚き火

焚き火台

焚き火台は、DUCKNOTの「焚き火台B.S.T」。

コンパクト収納、開くだけの簡単設置、ゴトク付きなので料理も可能、デザインも格好良いし、お気に入りの一品です。

陣幕・リフレクター

風避けや、目隠し、寒い時期はリフレクト効果によって暖まりやすいというアイテム。

LOGOSの「TAKIBI de JINMAKU-BA」

私はLOGOSの「TAKIBI de JINMAKU-BA」を利用していますが、あるのとないのでは焚き火の快適性が大違い。もっと早く導入していればよかった。

火ばさみ(焚き火トング)

薪を掴む火ばさみはスノーピーク製のものを使っています。

ちょうどいいサイズで使いやすく、握り手の部分が木製で掴みやすく使うにつれて味が出てきて愛着が湧きます。

煤のついた火ばさみを収納するのに良いケースを探していたのですが、100均のセリアで売ってる扇袋がミラクルフィットするとのことで即採用。

薪割り

焚き火の薪割り道具

薪割り・バトニングやフェザースティック、ちょっとしたブッシュクラフトなんかに重宝している小型ナイフ。

薪を切ったりするのに、折り畳み式で小型のノコギリ。

耐熱グローブ

焚き火なんて軍手でええやろと思ってたんですが、毎回トゲが刺さってたのでグローブ買いました。

焚き火ウェア

火の粉が飛んでお気に入りのアウターに穴があいたことがあるので、難燃性の焚き火ウェア、モンベルのフエゴパーカを買いました。

焚き火用にモンベルのフエゴパーカ

焚き火をやる度に、服に染み付いた煙の匂いも気になっていたので、気兼ねなく使えて洗濯できる一着として重宝しています。

あると便利

SOTOガストーチ

焚き火などの着火に、SOTOの「スライドガストーチ」。小型の耐風バーナーで、火口が自由に伸び、カセットガスから充填できるので経済的。

ウォータータンク

テントの近くに水があれば何かしらと便利なので、ウォータータンクは1つ持っておきたい。

ソロキャンプでは、セリアで買った100円のウォータータンクを愛用。サイズがちょうどいい。

状況によって、携帯性の高い折り畳み式のものと使い分けています。

森林香

キャンプ場によっては蚊が多いので、プロ仕様の虫除け線香「森林香(赤)」を常備。

畑での農作業でも利用していますが、蚊取り線香よりかなり強力です。