N-VAN車中泊キャンプにあると便利な道具

N-VAN × ogawaカーサイドタープAL-II

車中泊ができるN-VANならテント設営が不要なので、とても手軽にキャンプができます。

私がN-VAN車中泊ソロキャンプで利用している道具を紹介します。

車内

収納

イレクターパイプで荷室の壁や天井に収納を設けて、車中泊のスペースを広く確保できるようにしています。

N-VAN イレクターパイプDIY

ウィンドウメッシュ

春夏は車内が暑くなり窓を開けておかないと車中泊は厳しいので、虫除けネットを。

N-VANウインドウメッシュ

N-VAN純正アクセサリーの「ウインドウメッシュ」だと、サイズピッタリで脱着も簡単なのでオススメ。

プライバシーシェード

就寝中に外から車内が見えないように、窓にはプライバシーシェードを。

私が利用している「趣味職人」のものは素材が厚くて断熱性が高いので、特に秋冬では窓から寒気が入るのを抑えてくれます。

注意

‎趣味職人プライムのプライバシーサンシェードは、フロント/リア用で商品が分かれています。

レジャーシート

荷室の床にはクッション素材のあるシートを敷いておくと、快適性アップだけでなく、床下からの寒気も抑えられます。

NVAN荷室にサイズぴったりのコールマン レジャーシート ミニ

オススメはコールマンのレジャーシート ミニ。NVAN荷室にぴったりのサイズです。

座椅子・テーブル

車内で快適に過ごすのに、座椅子とテーブル。

座椅子は、折り畳みができて座り心地の良いものを。

テーブルは、座椅子に座って足を伸ばして利用できるサイズのものを。折り畳めるので携帯性も抜群。

また、このテーブルはスチール製で熱いダッジオーブンやスキレットを置いたりもできるので、内外兼用で活躍しています。

靴箱

キャンプ場に着いたら、モックシューズに履き替えてリラックス。

靴は100均で買ったシューズトレーに置いて、運転席の下に収納しています。

MERRELLのモックシューズ「HUT MOC」

寝具

マットレス

寝る時はマットレスを敷いて、その上に寝袋に入って寝ています。

NVAN車中泊で敷くマットはサーマレストのZライト

マットレスは、収納サイズ、快適性、サイズもピッタリなサーマレストのZライト。

寝袋

寝袋はモンベルの「アルパイン ダウンハガー800」。快適温度域により#0〜#7まであり、低地での春秋キャンプ用に#3、夏用に#5を利用しています。(写真左#3、右#5)

アルパイン ダウンハガー800の#3、#5サイズ比較
MEMO

寝袋の素材は大きく分けてダウンと化繊の2種類があります。

私の場合は、登山・バイク兼用なので収納サイズの小さいダウンを利用していますが、車ならリーズナブルな化繊のもので良いかと思います。

また、インナーシュラフを1枚持っておくと便利です。肌触りが良く快眠性が高まり、寝袋を清潔に保つことができます。

私も利用しているSEA TO SUMMITの「サーモライトリアクター」は、寝袋の保温性を最大8度向上させ、夏はコレ単体で過ごせます。

枕はロゴスの「マルチクッション」。広げてクッション、折りたたんで枕になる2WAY。

色々試しましたが個人的に高さがちょうど良いので、この枕は長年使っています。

キャンプ

カーサイドタープ

車中泊するなら設営・撤収が面倒なテントは不要ですが、雨風や日差しを遮り、プライバシー空間を確保するにはタープがあるといい。

N-VAN × ogawaカーサイドタープAL-II

オススメなのは、車の側面などに張ることで住居空間を広げることができる「カーサイドタープ」。

私が利用しているのは、ogawaの「カーサイドタープAL-II」。

テントに比べて設営・撤収がとても簡単なので、気軽にサクッとデイキャンプにも活躍。

椅子・テーブル

ヘリノックス チェアワンとちょうど良い高さの焚き火テーブル「BUNDOK IR テーブル」

テーブルは車内兼用で先ほど紹介した「BUNDOK IR テーブル」。

椅子との高さもちょうど良く、スチール製で熱いダッジオーブンやスキレットを置いたりもできます。折り畳み式で携帯性も高く、デザインも格好いい割に値段もリーズナブル。

椅子はヘリノックスの「チェアワン」。少し値は張りますが、座り心地は別格。収納時もこんなにコンパクト。

ヘリノックスの「チェアワン」収納時

キャンプ中はほとんど椅子に座って過ごすので、椅子は良いものを買っておくことをオススメします。

焚き火台

焚き火台は、DUCKNOTのもの。

コンパクト収納、開くだけの簡単設置、ゴトク付きなので料理も可能、デザインも格好良いし、お気に入りの一品です。

また、焚き火をする時には、次の道具を使用しています。

火ばさみ(焚き火トング)

薪を掴む火ばさみはスノーピーク製のものを使っています。ちょうどいいサイズで使いやすく、握り手の部分が木製で掴みやすく使うにつれて味が出てきて愛着が湧きます。

モーラナイフ

薪割り・バトニングやフェザースティック、ちょっとしたブッシュクラフトなんかに重宝している小型ナイフ。

ノコギリ

薪を切ったりするのに、折り畳み式で小型のノコギリ。

耐熱グローブ

焚き火なんて軍手でええやろと思ってたんですが、毎回トゲが刺さってたのでグローブ買いました。

ラック

キャンプ道具などを置くためのラックは、価格がリーズナブルなのに作りのしっかりした「NANGOGEAR」のものを使っています。

キャンプ道具ラック(NANGOGEAR)

無印良品の頑丈収納ボックス(大)にも丁度いいサイズです。

ランタンスタンド

ランタンや小物類を引っ掛けておくのに、LYIYIのランタンスタンドを使っています。あると便利。

LYIYIのランタンスタンド

ウォータータンク

テントの近くに水があれば何かしらと便利なので、ウォータータンクは1つ持っておきたい。

岩谷マテリアル 水タンク

愛用しているのは「岩谷マテリアル」のもので、携帯性の高い折り畳み式、注水口が広いので洗って乾燥させやすいのが特徴です。

調理器具

バーナー

ガスバーナー(シングル)で、湯沸かし、茹で料理ができるようにしています。

ガスバーナーはSOTOのAMICUSで、コンパクトな収納サイズがお気に入り。

クッカー

マグカップ、クッカーは、スノーピークのものを使用。軽さ重視でチタン製。

クッカーは湯沸かしとラーメン茹でができればいいので深型「チタントレック 900」。

中にガスカートリッジとバーナー(コンパクトなものなら)も入れることができるので収納性が高いです。

蓋は一応なんちゃってフライパンになっているのですが、焦げ付きやすいのであまり使うことなく、お皿として割り切っています。

マグカップは「チタンシングルマグ 300」。保温性高いダブルもありますが、直火で温めなおしたいのでシングルで。

あとお米を炊くのにメスティンを使っています。

キザキの野営道具メスティンとダイソーの固形燃料ストーブでお米を炊く

アルマイト加工で焦げつけにくい、キザキ製のものです。

固形燃料とストーブ、風防は100均(ダイソー)のものを利用しています。

クーラーボックス

ソロキャンプではULスタイルで小サイズのクーラーボックスを利用しています。

折り畳めるソフトクーラーで保温性の高いと評判のサーモスのもの。

容量5リットルで、保冷剤にビール3-4本、おつまみ、お肉類を入れています。

カトラリー

カトラリーは軽くて使いやすい「ゴーバイト」。スプーン、フォークに加えてお箸が欲しかったので、ケース付きでセットになっている「ゴーバイト QUATTRO」を使っています。

ゴーバイト QUATTRO

ライト

ランタン

ランタンは、LEDのものを利用しています。

また、車内兼用でスノーピーク「たねほおずき」も。

マグネットでくっつけたり、ぶら下げたりと自由に使えて便利です。

ヘッドライト

夜のトイレなど外を出歩くのに必須のヘッドライトは、モンベルの「コンパクトヘッドランプ」。汎用性の高い単三電池1本で使用できるので便利。

モンベルのコンパクトヘッドランプとクラッシャブル ランタンシェード
モンベルのコンパクトヘッドランプとクラッシャブル ランタンシェード

そして、ケース代わりに使っているのが「クラッシャブル ランタンシェード」。

ヘッドライトに被せると、光を拡散してランタンになります。付属のフックでテント内にぶら下げることができるので超便利。UL(ウルトラライト)キャンプ装備にオススメです。

モンベル クラッシャブル ランタンシェードの灯り
モンベル クラッシャブル ランタンシェードの灯り

その他

無印良品の頑丈収納ボックス

キャンプ道具を入れるのに、無印良品のポリプロピレン頑丈収納ボックス。

キャンプ道具を入れるのに、無印良品のポリプロピレン頑丈収納ボックス

テーブルにもなるし、頑丈なので座ることもできるし、小物類をガサっと放り込めるので便利です。

SOTOガストーチ

焚き火などの着火に、SOTOの「スライドガストーチ」。小型の耐風バーナーで、火口が自由に伸び、カセットガスから充填できるので経済的。

森林香

キャンプ場によっては蚊が多いので、プロ仕様の虫除け線香「森林香(赤)」を常備。

畑での農作業でも利用していますが、蚊取り線香よりかなり強力です。