【周遊ルート】紀伊半島バイクツーリングの観光スポット・グルメ情報の記録

紀伊半島ハーレーツーリング

紀伊半島ツーリングの中で、42号線をメインに海沿いを周遊するルート。

過去のツーリング記録をもとに、おすすめのルート・観光スポット・グルメ・キャンプ場をまとめています。(随時更新)

ツーリング・ルート

紀伊半島は広いので、ツーリング・エリアを次の3つに分けています。

  • 紀伊半島周遊(このページで紹介)
  • 十津川・熊野
  • 伊勢志摩
紀伊半島ツーリングのエリア分け

ここで紹介するのは、42号線をメインに紀南の海岸沿いを走る紀伊半島周遊ルートです。

御坊

阪和自動車道・湯浅御坊道路を下りて、御坊より国道42号線を走ります。

白浜

リゾート地「南紀白浜」では、白良浜千畳敷三段壁など見所たくさん。

串本

本州最南端の「串本」。潮岬には「キャンプ場」も。

太地

捕鯨発祥の地。くじら博物館や鯨料理など。

那智勝浦

マグロ料理や、時間が許せば「那智の滝」など。

尾鷲

ゴール。

観光スポット

紀伊半島周遊ツーリングで走りたい、立ち寄りたい場所です。

白良浜

真っ白でサラサラな石英砂からなる、白い砂浜。

白良浜

夏休みに入ると、海水浴客で溢れかえります。

千畳敷

白浜に来たらとりあえず寄っておきます。駐車場も無料。

千畳敷

名前の通り、”畳を1000枚敷けるほど広い岩畳”の絶景が広がります。

三段壁

ここも白浜の歴史ある観光名所。駐車場も無料。

展望台から見た三段壁の絶壁

展望台から見る絶景も素晴らしいのですが、かの熊野水軍が船を隠したという伝説の洞窟があり、中に入ることもできます。

古座川の一枚岩

串本のあたりで42号線の海岸線から少し寄り道して「古座川の一枚岩」へ。

古座川の一枚岩

高さ150m、幅800mの巨大な一枚岩。

古座川の一枚岩

山道を少し走りますが、この迫力は寄り道する価値あり。

潮岬

本州最南端の地「潮岬」。

本州最南端の地「潮岬」

潮岬観光タワーには、360度見渡せる展望台があります。

潮岬観光タワー

また、ここにはキャンプ場もあり、ハイシーズン以外は無料で宿泊できます。

橋杭岩

串本にある奇岩群「橋杭岩(はしぐいいわ)」。

橋杭岩(はしぐいいわ)

日の出とともに見ると、幻想的な風景となるようです。

くじらの博物館

くじら浜公園にある「くじらの博物館」。

太地にあるくじらの博物館

大迫力のシロナガスクジラ全身骨格標本や、クジラのショー、浜辺でクジラとふれあい体験などができます。

獅子岩

熊野市にある「獅子岩」。

獅子岩

地盤の隆起と海食現象により生まれた奇岩で、海に向かって吠える獅子のよう。

鬼ヶ城

熊野市にある「鬼ヶ城」。

鬼ヶ城

千畳敷など自然の芸術が1km続く遊歩道、山頂には戦国時代の城跡などがあります。

グルメ情報

紀伊半島周遊ツーリングで食べておきたいグルメ情報です。

海ごはん山ごはん マルキヨ

海ごはん山ごはん マルキヨのお店の外観

白浜で天然クエ料理が食べられる「海ごはん山ごはん マルキヨ」。

海ごはん山ごはん マルキヨのランチ「天然クエのお造り定食」

ランチでは天然クエのお造り定食を頂きましたが、フグより好きかもしれません。

道の駅たいじ

道の駅たいじでの鯨料理メニュー

道の駅「たいじ」のフードコートでは、リーズナブルに鯨料理を食べることができます。

キャンプ場

紀伊半島周遊ツーリングでおすすめのキャンプ場です。

潮岬キャンプ場

本州最南端の地、潮岬の望楼の芝内にあるキャンプ場。

ハイシーズンは有料期間となり広い芝生がキャンプスペースとして解放されますが、ローシーズンは無料期間で一部区画のみの利用となります。

潮岬キャンプ場の無料期間スペース

無料期間はこのロープ左側のスペースが設営場所となります。水道、トイレも近く、下も芝生で過ごしやすい場所です。

潮岬キャンプ場でテント泊

風が強いですが、朝起きると目の前に海が広がり気持ちの良い場所です。