本を見ながらタイピングに超絶便利な「エレコム ブックスタンド EDH-004」

本を見ながらタイピングするのに、本を開いたまま固定しておきたい?

以前、FlipKlip(フリップクリップ)を紹介したのですが、それよりも格段に使い勝手が良いのを見つけたので、こちらも紹介しておきます。

ELECOM ブックスタンド EDH-004

見つけたのはコレ。ELECOM ブックスタンド EDH-004。

作業効率アップ!ELECOM ブックスタンド EDH-004

主な特徴は、

  • 丸い本体デザインで用紙などの転倒防止
  • 2本のストップホルダーで簡単にホールド
  • 18段階のプレート傾斜角度調整可能
  • 厚さ62mmまで挟み込み可能

形状

本体中央が丸く凹んでいるので、本を立てて固定しやすくなっています。

ELECOM ブックスタンド EDH-004

2本のストップホルダーで挟み込んで固定します。

厚さ62mmまで挟み込み可能

18段階のプレート傾斜角度調整可能

スタンドの傾斜は18段階で調整可能。

角度調整18段階

これくらいまで倒せます。

角度調整18段階

厚さ62mmまで挟み込み可能

固定できる本の厚みは62mmまでと、かなり分厚い本でも挟み込むことが可能。

例えば、会社四季報の厚さは5cm。

会社四季報を挟んでみる

それでもこの通り。まだ少し余裕があります。

厚さ62mmまで挟み込み可能

薄くて小さいサイズの本だと・・・

但し、薄くて小さい本は、ソレ単体だと挟み込むことができません。

例えば、新書判サイズ(173×105mm)。

フリーランスの教科書

試してみるも、ストップホルダーまで幅が足りません…

新書サイズだと幅が足りない

こんな場合は、適当な雑誌などを一緒に挟んで厚さを増すことで、対応することが可能です(・ω・)b

新書サイズでもこのようにすれば挟める

FlipKlipだと小さくても問題なし

新書サイズにはFlipKlip(フリップクリップ)

ちなみに、ブックホルダー「FlipKlip(フリップクリップ)」だと、新書のような小さいサイズでも問題なく挟むことが可能です。

作業効率アップ

書評を書いたり、本を見ながらブログ記事を書いたりする場合、こういうアイテムがあると格段に作業が捗ります。

エレコム ブックスタンドで作業してる様子

値段も1500円前後で手に入るので、コスパ高くてお勧めです。