MacBook Airにコーヒーこぼした時にとった対応と学んだこと

macbookと珈琲

先日、MacBook Airにコーヒーをこぼして立ち上がらなくなり、奇跡的に復活したものの、その時にとった対応・学んだことを書いておきます。

コーヒーをこぼしてPCが起動しなくなるまで

MacBook Air(以降 MBA)にコーヒーをこぼしたというより、正確に言うと、こぼれたコーヒーの水溜まりに、閉じて置いていたMBAが軽く浸水しました。

コーヒーをこぼしてPCが起動しなくなるまで

側面にあるポートは無事だったので、裏面のカバーが濡れただけだから大丈夫と思ってました。

で、なんの疑いもなく電源を入れてみると、立ち上がった瞬間に不自然に落ちた。。

再び電源を入れてみるも、PCは立ち上がらない ( ̄▽ ̄;)!!

この時点でやっと、コーヒーが浸水したのかもと思い、PCを振ってみると(軽くパニック)、カバーの隙間からジワリとコーヒーが出てきました。

よくよく見ると、MBAの背面(写真赤枠)には内部への隙間があり、侵入経路はここだと思われます。

MacBook Airの背面から浸水した模様

すぐにでも分解して拭きとりたいところですが、Appleの製品は特殊なネジで開けられないようになっているので、素人の私には手出しできず。

濡れていると予想されるところは、赤枠の部分。CPUやメモリからは離れていますが、基盤にある電源スイッチの箇所。

濡れていると予想されるところは、CPUやメモリからは離れているが、電源スイッチの箇所。

PCの内部が水濡れした場合は、絶対に電源入れちゃダメ

PCの内部が水濡れしてしまった場合は、通電するとショートして基盤が壊れる可能性があるために、絶対に電源を入れてはいけません。バッテリーもすぐに取り外した方がいい。

さらに、ジュースやコーヒーなどをこぼした場合、糖分や乳製品により基盤が侵食されるため、修理に出して洗浄してもらわないといけません。今回はブラックコーヒーだったのですが、それでも洗浄したほうがいい。

また、修理に出すのは早ければ早い方が、復活する可能性は高くなります。

とれる対応を考えてみた

今回の場合、水濡れしているにも関わらず電源を入れてしまったために、すでに壊れている可能性が非常に高い状況でした。

その上で、とれる対応を考えてみました。

Appleのサポートで修理

PC本体は確実に直るが、水濡れによる故障は保証対象外なので、MBAを買い換えられるくらいの修理代金がかかる可能性あり。修理期間は2週間以上。

さらに、部品交換など修理の過程でデータ消失の可能性もあるとのこと。

PC修理業者で修理

いくつか当たってみましたが、Macは構造が特殊なので、対応してもらえるところが限られる。

基盤の洗浄が必要なため、1週間ほどの時間と、2〜3万円の修理代金は必要。部品交換の必要があれば、修理できない可能性もある。

ここでも同じく、データ消失の可能性もあるとのこと。

自分で乾かしてみる

ドライヤーの送風で乾かしてみる、もしくは、除湿剤と一緒に密閉して、数日後に立ち上げてみる。奇跡的に立ち上がるかもしれないが、逆に壊れる可能性も高い。

また、洗浄はできないので寿命は縮むと思われる。

データ復旧

データ消失を避けるため、PC修理に出す前にデータだけは確保する。

Macを取り扱っている業者は限定されており、中でもMBAはディスクがSSDなので対応可能業者はさらに限定されました。

唯一見つけたのは、法人対応の実績も豊富でMac専門チームも抱えている「データ復旧.com」。

結局こう対応した

このMBAですが、データのバックアップを不定期にしかとっていませんでした。しかも、このデータには2日後に必要となる資料が含まれていた為、それまでに復旧、もしくは資料の再作成(1日徹夜でできるかどうか)をしないといけませんでした。

修理に出すと2日後に間に合わない、かといって、資料を再作成する踏ん切りもつかない。

なので結局、奇跡に期待した即日復旧をトライ、ダメなら諦めてデータだけは確保することにしました。

自分で乾かしてみる ⇛ ダメならデータ復旧 ⇛ ダメ元でPC修理業者で修理 ⇛ ダメならPC買換え

で、ドライヤーをコーヒー侵入経路へ向けて2時間ほど送風をあて続け、電源を起動してみると・・・立ち上がった!!(*゚д゚*)

但し、たまたま起動しただけで、いつまた落ちるかわからないので、大急ぎで外付けHDDへデータ退避しました。

ひとまずこれでデータも確保できたので、あとは洗浄をどうしようかと考えましたが、このまま壊れるまで使い続けることにしました。

今のところ、問題なく動いてます。

今回のトラブルで学んだこと

コーヒー飲みながらノートPCで作業してるんだから、水濡れや浸水するなんて起こって当然。

にも関わらず、データのバックアップも不定期にしか取っていなかったなんて、自分だけは大丈夫と、どこかで考えていたんだと思います。

MBAが起動できなくなったときに、データが戻せるなら50万円払うから!!と、頭の中で叫んでたのですが、その数字が自分にとってリアルな価値なんだろうと思います。

PC本体なんかより、データの方が大切なんです。

とはいうものの、PCとコーヒーっていうスタイルはやめられないと思います。

macbookと珈琲

なので、いつコーヒーをこぼしても大丈夫なように、大急ぎでデータバックアップ環境を整えます。それまでの繋ぎは「Dropbox」だな。

バックアップ環境構築しました。→ NAS(リンクステーション)で自宅Macのバックアップ環境を構築