アンコール・トムとその中心にあるバイヨン寺院へ行ってきた

バイヨンの四面仏 - アンコール・トム

カンボジア一人旅でアンコール遺跡探訪。

シェムリアップからトゥクトゥクに乗って、アンコール・トムへ行ってきました。

周囲12kmに及ぶ広大な敷地の中、中央に位置するバイヨン寺院へ。

アンコール・トム

アンコール・ワットの北に位置する都城「アンコール・トム」。

周囲約12kmに及ぶ城壁内には十字に主要道路が配置され、東西南北に4つの入り口(大門)があります。

南大門に続く橋。神々(左側)と阿修羅(右側)の像が並びます。

アンコール・トム南大門への橋

アンコール・トムの南大門。

アンコール・トム南大門

城壁内は広大。

アンコール・トムの広大な城壁内

アンコール・トムの中央に位置するのは「バイヨン寺院」。

その少し北には王宮があり、塔門には「象のテラス」「ライ王のテラス」が、王宮周壁の中には「ピミアナカス」があります。

バイヨン寺院

アンコール二大遺跡と言われるのが「アンコール・ワット」と、ここ「バイヨン」。

バイヨン - アンコール・トム

アンコール・ワットが「天空の楽園」を目指したのに対して、バイヨンは「王国の救済」がテーマなんだとか。

バイヨン - アンコール・トム

バイヨンには外側に第一回廊、内側に第二回廊があります。それぞれの回廊にはレリーフが施されており、一大絵巻となっています。

バイヨンの回廊 - アンコール・トム

バイヨン回廊のレリーフ - アンコール・トム

建物の中に入ることもできます。

バイヨン - アンコール・トム

祠の中。

バイヨンの祠 - アンコール・トム

テラスには、バイヨンの象徴とも言える、四面仏が並びます。

バイヨンのテラス - アンコール・トム

バイヨンの四面仏 - アンコール・トム

バイヨンの四面仏 - アンコール・トム

バイヨンを探索。

バイヨン - アンコール・トム

僧侶がおられました。

バイヨンの僧侶 - アンコール・トム

左手が欠けているのが印象的。

左手の欠けた像 - バイヨン - アンコール・トム

象のテラス・ライ王のテラス

バイヨンから少し北にある王宮正面には、350mにも及ぶ「象のテラス」「ライ王のテラス」があります。

象のテラス - アンコール・トム

外壁にはガルーダとガジャシンハが交互に並んでテラスを支えています。

象のテラス - アンコール・トム

象の彫刻。

象のテラス - アンコール・トム

テラスの上を歩くこともできます。

象のテラス - アンコール・トム

象のテラス - アンコール・トム

「象のテラス」に並んである「ライ王のテラス」の外壁には、神々や阿修羅が一緒に描かれています。

ライ王のテラス - アンコール・トム

ライ王のテラス - アンコール・トム

ピミアナカス

王宮の周壁の中にはピラミッド型の建物、ピミアナカス寺院があります。

アンコール・トムのピミアナカス

正しくはピミアン・アカーハといい「天上の宮殿」「空中桜閣」という意味だそう。