アユタヤ遺跡巡り【タイ放浪記】

木に埋まってる仏頭

バンコクから電車に乗って2時間、アユタヤの遺跡を巡りにやってきました。

電車でアユタヤへ

いろいろある交通手段の中で選んだのが電車。しかも、現地の人らが使用する一般クラス。これで、 200円くらいです。

時間は2時間とバスで行くのと変わらないくらいの時間のかかりよう。低速度に加え、駅につく度に物売りが車両に乗り込んでワイワイと やるので、もう大変です。

駅もホームの長さが足りず線路の上に直接降りるところさえあり、そうなると駅名の載った看板も見えないので、言葉がわからない僕 はどこの駅についたかさえわからない状況。

なので、前もって周りの人たちに「アユタヤ、アユタヤ」と言いまくり、なんとか言われるままに降りると、そこは 無事アユタヤだったという感じで到着。

アユタヤで遺跡巡り

ここは、昔アユタヤ王朝の都として栄えてたけども、ビルマによって陥落させられ、その時の建造物がそのまま残っているという遺跡の街。。

街中至る所に遺跡が散在してて、全部見て周るにはチャリンコがベスト。日射病なりかけるくらい暑いけど・・・。

昔の栄華の面影も残ってない、無残な王朝跡。

アユタヤ王朝跡

 

手前の仏像は、首を壊されてました。

首を壊されてる仏像

 

「ワットマハタート」の裏手の木の根本に埋まってる仏頭。妙に神秘的。

木に埋まってる仏頭

 

壮大な寺院。

壮大な寺院

 

「ワット・ヤイ・チャイ・モンコン」にある、2塔の巨大仏塔と寝釈迦像。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコンの寝釈迦像

 

何十体もの仏像。

何十体もの仏像