サッカーラ〜メンフィス〜ダフシュール遺跡巡り【エジプト旅行記】

ピラミッドコンプレックス

カイロからタクシーで、サッカーラの階段ピラミッド〜メンフィス博物館〜ダフシュールの赤のピラミッドと屈折ピラミッドを観光してきました。

それぞれ場所が離れているので、タクシーをチャーターすると効率よくまわることができます。

サッカーラの階段ピラミッド

ギザから南に10km。サッカーラは、エジプトでのピラミッド建設の第一歩を記したとされる、ジョセル王の階段ピラミッドで有名。

階段ピラミッドを中心に、セド祭殿、葬祭殿といった建物が残っており、ピラミッドコンプレックス(複合建築)の様子を見ることができます

まわりは石壁に囲まれています。

サッカーラ遺跡の入り口

 

奥に、階段ピラミッドが見えます。

サッカーラ遺跡と奥に階段ピラミッド

 

石壁は精巧な造りで、つるつるすべすべ。

サッカーラ遺跡の精巧な石壁

 

遺跡の中に入ることもできます。

サッカーラ遺跡の中に入る

 

地下はどうなっているのでしょうか?

サッカーラ遺跡の地下への穴

 

見えてきました、階段ピラミッド。

階段ピラミッドとの複合建築

 

階段ピラミッドの周囲を散策。

サッカーラの階段ピラミッド

 

階段ピラミッドを中心に、建造物がいろいろあるのがわかります。

ピラミッドコンプレックス

 

あっち側に見えるのは、ウナス王のピラミッド。

ウナス王のピラミッド

 

このピラミッドは古王国時代に造られたものの中でも最小規模で、ほとんど崩れかけの丘のようになっています。

メンフィス博物館

次は、メンフィス博物館へ。

ここには、脚の一部が欠けたラメセス2世の巨像が横たわったまま保管されています。

メンフィス博物館 ラメセス2世の巨像

 

体長15mあるそうで、間近で見るとデカイ。

メンフィス博物館 ラメセス2世の巨像

 

横顔。

メンフィス博物館 ラメセス2世の巨像

 

メンフィス博物館の広場には、10mほどの小ぶりなスフィンクスもいます。

メンフィス博物館のスフィンクス

 

ダフシュールの赤のピラミッドと屈折ピラミッド

次は、ダフシュールへ移動。ここには2つのピラミッドがあります。

赤のピラミッド

赤っぽい石が使われていることでそう呼ばれる、赤のピラミッド。

赤のピラミッド

 

近づいて見ると、一つ一つの石はだいぶ風化?しています。

赤のピラミッド

 

中央に入り口があり、中に入ることもできます。

赤のピラミッドは中に入れる

 

無料で入れるということなので、せっかくなので入ってきました。

赤のピラミッド内部の階段

 

階段をずっと降りていくと、こんな部屋に出ます。

赤のピラミッド内部

 

ピラミッド内部は何とも言えない臭いがキツかったので、ハンカチやマスクを持参しておく方が良いかも。

屈折ピラミッド

高さ半分くらいの地点で角度が変わっているのでそう呼ばれる、屈折ピラミッド。

屈折ピラミッド

 

所々で、角が崩れています。

屈折ピラミッド

 

崩れているのは、後の人々が建築資材として持っていったからだそう。

屈折ピラミッド