富士山周辺をドライブ〜富士宮・朝霧高原・鳴沢氷穴〜

温泉宿「大池ホテル」の窓から富士山が見える

夏休みの避暑地ドライブで、富士山の西側をブラブラ観光してきました。

富士宮、朝霧高原、鳴沢氷穴をまわって河口湖に宿泊、翌日は富士急ハイランドへ。

富士宮

白糸の滝に立ち寄るも、工事中で近くまで行けず、しかも靄がかかって何も見えず。

白糸の滝 工事中で近づけず

 

仕方がないので、カメラのアップで見る。

白糸の滝

 

昼食はB級グルメな、富士宮やきそば。「うたちゃん」にて。

富士宮やきそば「うたちゃん」

 

目の前で手際よく作ってくれました。

朝霧高原

富士山の周りを囲む道路を走って、朝霧高原を目指します。

隣に富士山が見えるはずなんだけど、雨でこの状況。。。

雨で富士山見えず

 

道の駅「朝霧公園」に到着。

雨で靄がかかった道の駅「朝霧公園」

 

広大な高原が見えるはずが、靄で何も見えない。

雨で靄がかかった道の駅「朝霧公園」

 

やることないので、売店で「こけももソフトクリーム」食べて休憩。

こけももソフトクリーム

 

酸味と甘みのバランスがよくて、美味しいですねコレ。

鳴沢氷穴

次に向かったのは、流れ出た溶岩が作った溶岩洞窟。

「富岳風穴」と「鳴沢氷穴」があるのですが、そのうち、鳴沢の方に行ってきました。

鳴沢氷穴は、深さ21m、総延長153mの竪穴式洞窟。中は涼しく、冷蔵庫がなかった時代に、冬に切り出した氷を貯蔵していたんだとか。

入り口。ここから洞窟内に入っていきます。

鳴沢氷穴の洞窟入り口

 

ぽっかりと大きな穴が空いています。

鳴沢氷穴

 

中はこんな感じ。天井が低いので腰をかがめて進んでいきます。

鳴沢氷穴の内部

 

氷室。天然の冷蔵庫です。

鳴沢氷穴の氷室

 

当時の様子を再現し、氷のブロックが積み上げられてます。

宿泊は河口湖「大池ホテル」

宿泊先は、河口湖の側にある温泉宿「大池ホテル」。

この宿は、部屋の窓から富士山が見えるんです。

温泉宿「大池ホテル」の窓から富士山が見える

 

宿のすぐ側が河口湖なので、早朝から湖畔を散歩したり。

河口湖を散歩

 

周りには緑も多くて気持ちいいです。

河口湖周辺

 

何よりも、こんなに大きく富士山が見える景色が素敵。

河口湖の宿から見る富士山

 

部屋も綺麗だし食事や温泉も充実してて、なかなか良いお宿でした。

富士急ハイランド

翌日はせっかくなので富士急ハイランドへ遊びに行きました。

富士急ハイランド入り口

 

が、夏休みということで想像以上に人が多く、フリーパスを取っておきながら、まさか3つしかアトラクションを体験できないとわ。

待たずに乗れる「絶叫優先券」というものがあると後で知り、お金で解決できるならと向かったら既に売り切れ。

結局、「ええじゃないか」に乗るのに2時間待ち。

富士急ハイランド ええじゃないか

 

エヴァンゲリオンワールドも諦め。

EVANGERION WORLD

 

最後に「最恐戦慄迷宮」という、人が驚かすタイプのお化け屋敷に入ったのですが、トラウマになるほど怖かったです。