冬山なめてて遭難するかと思った「氷ノ山」登山行

冬に突入したこの時期に無謀に訪れたのが、兵庫県にある「氷ノ山」。

ここは、周りにゲレンデがあることからも伺える標高1,510mの積雪地帯。本日気温3℃、天候曇り。

「氷ノ山」登山行

AM3時に、兵庫県三田市でメンバーと合流。中国道の山崎ICより1時間、戸倉峠に到着。

今回のコース「坂の谷コース」へ。

登山口まで車で入れるはずが、路面凍結、倒木、積雪という状況で、峠付近に車を停めることに。

現在AM5:30。辺りは真っ暗。ヘッドランプの明かりで、登山準備。

登山口まで、徒歩1時間半。思わぬタイムロスです。なだらかな坂道を延々歩きます。

この寒さの中、他に登山者は0。自然なままの極上雪。

氷ノ山トレッキング

歩くこと1時間半。ようやく登山口に到着。地面は、雪でべちゃべちゃ。しかも滑るし、コンディション最悪。

雪の上には、鹿とか熊の足跡のみ。誰にも荒らされてない道を登っていきます。

雪の中をひたすら歩く

視界が開けたとこまで登ってくると、雪は膝までの深さに。
沈むのと、一歩一歩足を上げなアカンのとで普通の何倍もしんどいです。

雪深くなる

天候も崩れてきて、あまりの寒さとしんどさに避難小屋へマジ避難。

氷ノ山の避難小屋

登山口までのロスと、コンディションの悪さで、当初の予定より大幅に遅れてて、全員一致で山頂断念。今回は、「三の丸」まで。

避難小屋の中で、昼食。
献立は「横綱」のラーメンと、餃子、砂肝のガーリックバターソテー。凍えた体が暖まります。

山ご飯

復路も同じコース。
登ってきた時の足跡を辿って歩けるので、一気に下山。

冬山は厳しいです。
次のアタックは春山ってことで、今シーズン終了。

このページをシェアする