ダイエットや運動を続ける秘訣は「Fitbit」で毎日記録にあり

Fitbitとは?

半年前に体重のピークを迎え、運動と軽い食事制限でダイエットしてるんですが、なかなかモチベーションが続かない。

そこで、今どきのフィットネス系アプリ・ウェアラブル端末「Fitbit」を使って、ダイエットや運動を楽しいものにしています。

Fitbit(フィットビット)とは?

Fitbitとは?

「Fitbit(フィットビット)」はスマホアプリを中心に、万歩計やリストバンド、体重計などで構成されたフィットネス製品。

それぞれで取得したデータがインターネット経由で記録され、スマホアプリやWEBブラウザから活動状況をまとめて見れるというもの。

フィットネス・ヘルスケア系の製品は他にもいろいろありますが、世界シェアNo.1なのがこの「Fitbit」です。

Fitbitでできること

今使ってるのは、リストバンド型の「Fitbit Charge HR」と体重計の「Fitbit Aria」

それぞれどんなことができるのかというと。

Fitbit Charge HR

Fitbit Charge HR

「Fitbit Charge HR」は、リストバンド型のウェアラブル端末。

身につけていると、歩いた歩数、距離、消費カロリー、心拍数、登った階段の数、睡眠の傾向など、日常のアクティビティを記録することができます。

取得したデータはスマホやPCとワイヤレスで自動同期するので、身につけておくだけで煩わしい作業も一切必要なし。

つけ心地や操作感

素材はサラサラしてるので、普段身に付けていても不快感はありません。裏面には心拍数を測るLED、充電用のUSB接続口があります。

Fitbit Charge HRのデザイン

幅は21mmとスリムなので、普段使いでも気にならないデザインだと思います。

表面をダブルタップすると画面が表示され、横のボタンを押すと時計⇛歩数など各種記録を見ることができます。

Fitbit Charge HR タップで時計表示

バージョンアップでクイック・ビュー機能が追加。タップしなくても手首を回すだけ(腕時計を見る動作)で時計が表示されるようになりました。

また、スマホに着信があれば、ディスプレイ表示と振動で通知してくれます。

運動の記録

ウォーキングやランニングなど、運動のデータを詳細に記録するなら、ボタン長押しでエクササイズモードに切り替え。

但し、Fitbit Charge HRにはGPSトラッキング機能は付いていないので、移動ルートも記録したいなら、スマホアプリを併用する必要があります。

スマホアプリ単体でも移動ルートや距離などの基本データは記録できますが、Fitbit Charge HRを身につけていると、心拍数などのより詳しい情報も連携して記録することができます。

FitbitアプリのGPSトラッキング画面

ただ、スマホアプリが対応しているエクササイズは、ウォーキング、ハイキング、ランニングのみで、サイクリングには現状対応していません。はよ対応求む。

水洗い可能

運動時に身につけるウェアラブル端末は、汗で汚れるので水洗いしたいところ。

Fitbit Charge HRは防水なので水洗いOK。いつもバシャバシャ洗ってます。

Fitbit Charge HRを水洗い

Fitbit Charge HR™は1 ATM(10メートル)の耐水性を持ちます。これは、水に浸してしまっても影響はないものの、すぐに引き上げるべきであることを意味します。

水泳時や入浴時に本体を着用できますか?

充電は5日間もつ

Fitbit Charge HRの充電

バッテリーが最長5日間もつのも嬉しいポイント。実際、寝ている時も常時身につけた状態で4日間もちました。

充電はUSB接続で1~2時間程度です。

Fitbit Aria

Fitbit Aria

「Fitbit Aria」は、スマート体重計。

体重計に乗ると、計測結果をWifiで自動アップロード。ダッシュボードから体重や体脂肪率、BMIの推移を見ることができます。

Fitbit Ariaのダッシュボード

誰が乗ってるかを自動判別してくれるので、家族みんなで使いたいという場合も大丈夫。(体格が近い場合はどうなるんでしょうね?)

アプリ&ダッシュボード

記録したデータは、WEBブラウザ、スマホアプリの「ダッシュボード」で、まとめて確認することができます。

Fitbitのダッシュボード

Fitbitのダッシュボードは見やすくて使いやすいのも人気の理由。

また、ダッシュボードでは閲覧だけでなく、睡眠時間や運動、採った食事などの各種データを手入力で記録することもできます。

採った食事や水分の詳細記録も

ダイエットで厳密な食事管理をしている場合には、採った食事やカロリー、水分量なども記録することができます。

入力の際には、日本の食品データベースから情報を引っ張ることができます。有名チェーン店のメニューなどあらゆる食品情報が登録されているので、摂取カロリーなどの詳細な記録も可能。

食品データベース

私は面倒なので付けてませんが。

モチベーションアップの要素

Fitbitでは、日々の記録に対して目標を設定することができます。

目標達成してバッジを取得したり、Fitbitで繋がった友達と競争したりといったゲーム要素もあり、こういった仕組みもやる気が出る要素の1つ。

友達がいなくても、グループに参加すれば、目的の近い人達と競い合ったり励まし合ったりできます。

Fitbitコミュニティーグループ

また、毎日の記録(いわゆるライフログ)は、時系列に見るだけでも健康への意識が高まるもの。

歩数の推移を見て、最近サボってるな、階段を使おうかなとか。睡眠時間の傾向を見て、生活習慣の乱れを改善しようとか。

何よりも、体重の推移を見て、成果を実感できるのが一番のモチベーションアップに繋がってます。

体重の推移

ダイエットや運動が続かない、もっと楽しく取り組みたい。そんな場合は、こういったガジェットを試してみてわ。

アプリ(無料)だけでも記録を付けることはできるので、どんな感じかお試しあれ。