太陽光発電の運用実績(2010年開始〜卒FIT〜今)

住宅用太陽光パネル

2010年11月に我が家に導入した太陽光発電。

実際の運用状況はどうなのか、発電量の推移、投資回収(導入コストに対する売電収入・自家消費)の推移を記録しています。

我が家のスペック

  • オール電化住宅(関西電力 はぴeタイム)
  • 3人家族
  • 太陽光パネル:3.84kW(SHARP ND-160AV)
  • 太陽光発電の稼働開始日:2010年10月29日
  • 余剰電力の売電先:リミックスでんき(買取単価13円/kWh)

導入当時の費用や回収見込みなどは、コチラを参照。

太陽光発電の導入工事太陽光発電を導入して1年、運用実績から今後の見込み

卒FIT後の対策などは、コチラを参照。

太陽光発電我が家の太陽光発電の卒FIT対策

運用実績(毎月初に更新)

運用開始してから今までの実績です。

発電量の推移

1年毎の発電量の推移です。

経年劣化などにより発電量が低下していくはずなので、その状況を確認しています。

発電した電気は自家消費と電力会社へ売電されますが、その割合の推移も把握できるようにしています。

投資回収の推移

投資額(初期投資・メンテナンス)に対する、収入(売電・自家消費)の推移です。

太陽光発電を導入して10年、FIT(固定価格買取制度)が終了した2020年11月からは、売電単価がガクッと下がったため、売電収入が大きく減りました。

太陽光発電我が家の太陽光発電の卒FIT対策

一方、2022年終盤から電気代の高騰が続いており、自家消費による回収(電気料金に換算)が大きく増えています。

【補足】電気料金の推移

補足情報として、電力会社から購入した、1年毎の電気使用量と電気料金の推移です。

オール電化住宅で3人家族、どちらかと言えば節電傾向にある一家だと思います。

2014年頃から電気使用量は変わっていませんが、2022年から電気料金が跳ね上がっています。

これは電気料金の高騰が原因ですが、オール電化住宅でこれだけの増加に抑えられているのは、太陽光発電の自家消費分で昼間の電気が賄われているおかげです。

ここにきて太陽光発電の恩恵を大きく感じています。

太陽光発電に関する記事