デスクワーカーにとってオフィスチェアは投資「エルゴヒューマン」購入しました

エルゴヒューマンの椅子

自宅で長時間イスに座ってPC作業をすることが多く、姿勢も悪いために肩コリに悩まされていた私。

快適にデスクワークをできるようにと、オフィスチェアを新調しました。

デスクワーカーの生産性向上に

1日の大半を椅子に座って過ごすデスクワーカーにとって、オフィスチェア選びが仕事の出来や健康状態を左右する、といっても過言ではないはず。

オフィス環境は費用ではなく投資と言われ始めています。

働きやすい環境にすることで、生産性やモチベーションの向上、また健康面においてもプラスの効果を大いに感じるかと思います。

ということで、今回はオフィスチェアへの投資。

当初の候補は

有名なオフィスチェアといえば、バロンチェア、アーロンチェアくらいしか知らないのですが。。まぁ、このあたりだと失敗はないだろうと目星をつけていました。

バロンチェア

第一候補だった「バロンチェア」。

なんといってもこのデザイン性。置いてるだけでお洒落だし。

バロンチェア

ただ、実際に座ってみると、アームレストが頼りない。座り心地はそこそこなんだけど。

アーロンチェア

オフィスチェアといえばコレ、という印象の「アーロンチェア」。

アーロンチェア

「バロンチェア」に比べて、しっかりホールドされた座り心地。肘置きもガッシリしていて良い感じ。耐久性やサポートも抜群なんだとか。

結局選んだのは「エルゴヒューマン」

で、結局選んだのは、これまで聞いたこともなかった「エルゴヒューマン」。

後から知ったんですが、ドラマ「リッチマン、プアウーマン」で、日向社長の椅子がコレだったみたいです。

リッチマン、プアウーマンの日向社長の椅子として登場

腰のフィット感が抜群

他の椅子と座り比べた結果、正しい姿勢でフィットする感じがダントツで良かったのがこの椅子でした。

腰の部分がポコッと出てるんだけど、これが心地いい。

エルゴヒューマンの椅子

ヘッドレストも絶妙。つけて正解でした。

アームレストが調整可能

今回の一番の要件は、椅子に持たれながら、アームレストに肘を置いて、キーボードやマウス操作が楽にできること。

これが満たせたのは「エルゴヒューマン」だけでした。

エルゴヒューマンの椅子

アームレストはしっかりした作りで、高さ・角度・前後・左右の調整が可能。

おかげで、長時間PC作業をしていても、肩コリがだいぶ緩和された気がします。

コストパフォーマンスも高し

バロンチェアやアーロンチェアなら10万〜15万円くらいするんですが、今回購入したエルゴヒューマンは、6万円〜10万円くらいです。

座り心地は人それぞれだと思うので、自分に合ったものが一番ですが。

機能性やデザイン性、耐久性、サポートなど、トータルで考えても、なかなか良い買い物だったんじゃないかと思います。

購入は大塚家具にて

実際に座ってみないことには、どの椅子が良いのかわからないので、これらのオフィスチェアが揃っているお店へ足を運びました。

行ってきたのは、西日本最大級のインテリアショールーム「大塚家具 大阪南港ショールーム」。(@yuya_qさん、教えてくれてありがと)

ここの品揃えは目を見張るほど。店員の対応レベルも高いです。

ちなみに、私が購入した「エルゴヒューマン ハイブリットチェア EH-HAM KM-11」は、69,800円(税込、送料・組立込)でした。

ネット通販でも送料込で同額くらいだし、値段もかなり良心的設定なんですね。

大塚家具は高いイメージがあったけど、扱っている商品が高額商品なだけで、販売価格はかなり頑張っているんだと、イメージが変わりました。良い店じゃん。