赤目四十八滝でマイナスイオンたっぷりの散策

荷担滝

四十八滝の1つ、三重県名張市にある「赤目四十八滝」へ行ってきました。

散策コースには48以上の滝があり、マイナスイオンたっぷりの散策が楽しめます。

「赤目四十八滝」の概要

赤目四十八滝(あかめしじゅうはちたき)は、三重県名張市にある、日本に数多く存在する四十八滝の一つ。

滝のある渓谷は4kmにわたって続き、四季折々を楽しめるハイキングコースになっています。

この遊歩道に沿って48以上の滝があり、見飽きることのない繊細な自然の造形を楽しむことができます。

また、この渓谷はオオサンショウウオの棲息地として知られ、滝への入り口付近には飼育・展示施設の日本サンショウウオセンターがあります。

⇛ 赤目四十八の滝(オフィシャルサイト)

赤目四十八滝の散策

日本オオサンショウウオセンターをくぐって、約4kmに渡る遊歩道を散策。

遊歩道に入って最初の滝。魚もいっぱい。

赤目四十八滝の最初の滝

荒々しめの滝。名前は忘れた。

赤目四十八滝の1つ

「布曳滝」。凄い繊細な流れ。

布曳滝

「荷担滝」。滝が荷物を背負ったように見えるから。

荷担滝

見所いっぱいのおすすめ散策コースです。

また途中に茶店もあり、しかも滝のそばで涼しげです。