富士山を見に2ndトライ。百名山「雲取山」テント泊で石尾根ルート

斜面は花畑

前回登ったときは富士山が全然見えなかったので、「雲取山」2ndトライ。

今度は奥多摩屈指のロングコース「石尾根」ルート。

1日目:お祭り〜雲取山荘

電車で「奥多摩」まで行き、そこからバスに揺られて「お祭り」まで行きます。

この日は9:25 奥多摩発→ 10:05 お祭り着。これを逃すと、次はお昼までないので注意。

山道に入るまで、延々3時間の林道。これが一番辛い。。

お祭りから山道まで

 

途中にあった「わさび畑」。

わさび畑

 

やっと山道に到着。

炎天下の中歩き続けて、すでにバテ気味。

雲取山登山口

 

歩きやすく整えられた道を登っていきます。

雲取山登山道

 

登り始めて30分ほどで、「三条の湯」に到着。

ここは、山の湯宿。

山の湯宿

 

時間があれば1泊して温泉に浸かりたかったけど、今回はパス。

山の湯宿

 

ここからは急坂。

急坂

 

延々と登ります。

今シーズン初登山のせいか、体が重いは息が上がるわで、頭ん中も真っ白。

延々と急登

 

秋に来ると紅葉が綺麗なんやろか。

もみじ

 

熊かと思ったら鹿やった。

野生の鹿

 

登り続けること2時間30分。650m up。
ようやく「三条ダルミ」に到着。

雲取山山頂まであと一息。

三条ダルミ

 

また急坂。

1歩1歩、力を振り絞って登っていきます。

また急登

 

30分ほど一気に登って、ようやく山頂が見えた。

雲取山山頂が見えた

 

東京都最高峰「雲取山(2,017m)」山頂到着。

去年と一緒でまたこの視界。縁がないんやろか。

雲取山山頂はまたガスに覆われてる

 

山頂から20分ほど下ったところにある「雲取山荘」で幕営。

さっさとテント張って、山荘で冷えたビールを購入。
これこそ至極の時。

テント設営

 

ここの山荘はトイレも清潔で快適。

雲取山の山荘

 

夜はちょっと涼しい。

暖かいモノを飲みながら、寝転んで月や星を見る時間が好き。

月明かり

 

今日は7時間のロングコースに加えて、1,100m up。

さすがにバテバテで、即就寝。

2日目:雲取山荘〜七ツ石山〜鷹ノ巣山〜六ツ石山〜奥多摩駅

今日は珍しく早起き。いつもは寝坊して、テントから出ると周りは誰もおらんのに。

今日も地獄の7時間ロングコースなので、さっさと朝飯食べて、6時30分には荷造りして出発。

雲取山荘から出発

 

まずは、雲取山山頂まで戻ります。

雲取山山頂まで戻る

 

昨日とは打って変わって快晴。

写真では見にくいけど、うっすらと富士山も見えた。

快晴の雲取山山頂

 

ここから「石尾根」。

石尾根

 

奥多摩小屋。

奥多摩小屋

 

トトロと猫バスも去年と同じように残ってた。

奥多摩小屋のトトロ

 

斜面は花畑。

斜面は花畑

 

花畑の中を登ります。

花畑を登る

 

鷹ノ巣山非難小屋の広場で休憩。

鷹ノ巣山非難小屋の広場

 

鷹ノ巣山への登り道。

鷹ノ巣山への登り道

 

出発して4時間くらい。
やっと鷹ノ巣山山頂に到着。

鷹ノ巣山山頂

 

ごろっと寝転んだら、空が気持ち良い。

空が近い

 

ここからは、山道を徐々に下っていきます。

下山

 

栗?

栗

 

やっとのことで、下山。
既に7時間くらい歩き続けでバテバテやのに、奥多摩駅まであと30分。。

水も尽きて足もガクガク。座り込んだらもう立ち上がる気力もないので、惰性で歩き続けます。

下山して奥多摩駅まで歩く

 

しばらく歩いて、無事奥多摩駅に到着しました。
無事帰ってこれたことに、ビールで1人祝杯。

2日間ともかなりのロングコースで、シーズン始めにしてはキツすぎた。
ちょこちょこ山通いして鍛えないと。。