洗面所のダウンライト(断熱材施工器具・斜め口金)をLEDにしようとしたけど・・

我が家の洗面所についてるダウンライト(ミニクリプトン電球)×2の内1つが切れたので、せっかくなのでLEDを導入しようかとしたところ、いろいろと検討が必要な部分があったのでメモ。

斜め取り付けのダウンライトでは直下部が暗くなる

一般的なLED電球は光が横方向にあまり広がらない。そのため、ダウンライトなど口金が斜めになった照明器具では、そのまま斜め方向に光が向かって直下部に光が届かず、結果的に暗くなってしまう。

斜め取り付けのダウンライトでは直下部が暗くなる

断熱材施工器具にはLED電球は使用できない

断熱材施工器具とは、

断熱材が施工された住宅環境(器具内の温度が高温になる環境)でも施工可能な照明器具。

その照明器具にLED電球を設置すると、

天井を覆った断熱材によって放熱が妨げられ、本体内部のLEDパッケージや点灯回路部分の温度が上昇し、寿命が極端に短くなる。

という問題があります。

断熱材施工器具かどうかをは、照明器具に貼ってあるマークで確認できます。

断熱材施工器具にはLED電球は使用できない

最近の住宅では大半がそうだと思うのですが、我が家のダウンライトにも「SGI」と入っていたので、一般のLED電球は取り付けできません。

斜め取り付けで断熱材施工器具に対応したダウンライト

Panasonic LED電球 斜め取り付け専用

そこで、上記の問題を克服したLED電球を探してみたところ、ありました。

最近Panasonicが発売したEVERLEDS LED電球の、斜め取り付け・断熱材施工器具対応。(Panasonic公式ページ

LEDパッケージを斜めに配置した“斜め口金”用仕様で、ボディ部を回転することで、LEDの光を下に放つ仕組み。

斜め取り付けで断熱材施工器具に対応したダウンライト

また、独自の放熱技術で、業界で初めて断熱材施工器具にも対応。
寿命25,000時間と他製品より少し短くなっているのですが、それでも充分な長寿命。

でも、明るさがいまいち。
昼光色相当:300ルーメン、電球色相当:250ルーメンと、小形電球25W相当。

今回のケースでは、交換前の電球は54Wなので明るさ半減か。。

EVERLEDS LED電球を取り付けてみた様子

暗くなるかなぁと思って躊躇してましたが、結局、取り付けてみました。

結果は、交換前と変わらないほどの明るさで大満足。

EVERLEDS LED電球を取り付けてみた様子

斜め取り付けだけど、ライトは下向きなので、部屋中を明るく照らしてくれてます。
良い買い物でした!