アメブロからWordPressへの引越し・移行方法(FC2ブログ経由)

アメブロからワードプレスへの引越し

先日、アメブロからワードプレスへの移行作業をしたので、その時の手順をメモ。

移行方法の概要

アメブロは出ていく人には厳しいようで、エクスポートツールが提供されていません。

また、第三者作成のアメブロ移行ツールもあるようなのですが、どうもうまくいかないらしい。

参考 → アメブロから、Wordpressへ移行する一番スムーズな方法 | しらさかブログZ

そこで、上記サイトを参考に選んだのが、「FC2ブログのブログお引越しツール」。

アメブロのデータを移行してくれるFC2ブログに一旦移行して、FC2ブログからWordPressへ移行しようというわけです。

移行は、大きく以下3つのステップからなります。

  1. アメブロからFCブログへの移行
  2. FC2ブログからWordPressへの移行
  3. ブログ切り替え(SEO対策)

1.アメブロからFC2ブログへの移行

FC2ブログのブログお引越しツール
アメブロのデータをWordPressへ移行可能な形式に抜き出すため、一旦、アメブロからFC2ブログへ移行します。

以下のリンクより、FC2IDを取得して、FC2ブログを開設し、アメブロからの移行を申込みます。

⇛ FC2ブログのブログお引越しツール

尚、移行の際に、アメブロのスキン設定、日付の表示方法を注意書きの通りに設定しておく必要があります。

アメブロ⇛FC2ブログ移行の際の注意

申し込みが完了すれば、最大1週間前後で引越し完了メールが届きます。
ちなみに、私の場合は5時間ほどで完了しました。

2.FC2ブログからWordPressへの移行

FC2ブログから記事データのエクスポート

引越し完了したFCブログの管理画面から、「ツール」-「データのバックアップ」をクリックします。

「ツール」-「データのバックアップ」

「記事全部」をダウンロードします。

「記事全部」をダウンロード

これで、ブログ記事、コメント全てのデータがエクスポートされました。

今回移行したブログにはタグは使ってなかったので問題なかったのですが、タグの情報は移行できないとの情報あり。

FC2ブログから画像のエクスポート

同じく「データのバックアップ」画面から、「全ての画像」をダウンロードします。

「全ての画像」をダウンロード

画像は、100個単位にページに纏められており、1ページずつ開いて、そのページの画像を全てダウンロードします。

ページの画像を全てダウンロード

1つ1つの画像を手動でダウンロードするのは無理があるので、ページ単位で全ての画像を一括ダウンロードするツールを使うと便利です。

私は、Firefoxのアドオン「BatchDownload」を利用しました。

BatchDownloadをインストールして、Firefoxの「ツール」「BatchDownloadの環境設定」を開き、全ての画像サイズをダウンロード対象とするために、「次のサイズより小さい画像はダウンロードしない」を1ピクセルに設定。

BatchDownloadの環境設定

1ページずつ開いて、右クリックして、以下のように一括ダウンロード。

画像をバッチ処理でダウンロード

BatchDownloadバッチタスクの開始

ファイル名は必ず「オリジナルを維持」、ダウンロード対象のファイル数が全ての画像(1ページフルで100個)になっていること。

WordPressへ画像のインポート

ダウンロードした画像ファイルを、移行先のWordPressへアップロードします。

画像ファイルが少なければ、投稿画面の画像のアップロードでガサッと上げてもいいかもしれませんが、今回は絵文字などが大量で2万点以上の画像ファイルがあったので、FTPソフトを使ってアップロードしました。

この機会に、MacのFTPソフトを「Transmit」乗り換えました。「Cyberduck」より使い勝手が断然良いです。

→ Transmit – Panic, Inc.

アップロード先は、画像ファイルの格納フォルダ「wp-content/uploads」の配下に「old-img」フォルダを作って、そこに放り込みました。

WordPressへインポートする記事データの編集

FC2ブログからエクスポートした記事データをテキストエディタで開き、以下の箇所を編集(一括置換)します。

編集後に保存する際、文字コードはUTF-8にしておきます。
私はMacのCotEditorを使いました。

画像ファイルへのパス

画像ファイルのURLはFC2ブログ内のものになっているので、WordPress内に格納した画像ファイルへのURLに変更します。(赤字部分を一括置換)

http://blog-imgs-??.fc2.com/m/j/d/?????/画像ファイル名

http://WordPressのURL/wp-content/uploads/?????/画像ファイル名

ステータス・カテゴリー名の変更

移行後にカテゴリー名を変更する場合は「PRIMARY CATEGORY」「CATEGORY」を、ステータスを下書きにするなら「STATUS: Publish」を「STATUS: draft」に変更します。

記事データの編集(before)

記事データの編集(after)

ちなみに、投稿者名は、WordPressへのインポート時に、改めてユーザーの割当てができるので、ここでは変更してません。

WordPressへ記事データのインポート

WordPressの「ツール」「インポート」より「Movable Type and TypePad」をクリック。

「ツール」「インポート」より「Movable Type and TypePad」をクリック

インポートツールのインストール画面になるので、インストール。

「ファイルを選択」で編集した記事データを選択し、「ファイルをアップロードしてインポート」ボタン押下。

「ファイルをアップロードしてインポート」ボタン押下

「Assign Authors」画面では、記事の投稿者を割当てます。

投稿者の割当て

以上でインポート完了です。

WordPressを開いて、記事・コメント・画像ファイルがちゃんと表示されてるか確認して、問題なければOK。

DISQUSコメントを使用している場合

DISQUSコメントを使用している場合、WordPressローカルのコメントをDISQUSにインポートする必要があります。

DISQUSのプラグイン設定画面にも、WordPress⇛DISQUSへのインポート機能があるのですが、これを実行しても一向に終わりません。

DISQUSへのインポート機能では一向に終わらない

なので、もう1つのマニュアルインポートを利用します。

参考 ⇛ Importing comments from WordPress to Disqus

DISQUSマニュアルインポートの手順

手順は以下。

  1. DISQUSプラグインを停止
  2. WordPressの「ツール」「エクスポート」で「すべてのコンテンツ」をエクスポート
  3. DISQUSのImport and Exportページ」で、エクスポートしたWordPressデータをインポート
  4. インポートが完了すれば、DISQUSプラグインを有効化

インポートの進捗状況は、インポート画面を更新すればわかります。

DISQUSのインポートページ

3.ブログ切り替え(SEO対策)

上記手順を終えた時点で、アメブロとFC2ブログ、WordPressに同じ内容のコンテンツが公開された状態になっています。

このままだと、悪意のある重複コンテンツじゃないか、とGoogleにスパム行為と扱われる可能性があるため、以下のように対応しました。

中間ファイル的存在のFC2ブログは即刻削除

移行が終われば必要ないため、FC2ブログを閉鎖してデータを削除します。

⇛ FC2ブログの閉鎖の手引き

リダイレクト設定できないアメブロも全削除

本来は、ブログの引越し時には、下記のようにリダイレクト設定やcanonicalによる正規化などをしないといけません。

参考 → 旧サイトからの移転に伴う301リダイレクトによるスパム判断されない回避方法について – Google グループ

しかし、アメブロでは、.htaccessもmetaタグも設定できないため、上記のような対策ができません。

なので、今回とった対応は、アメブロの記事は全削除。トップページにはサイト移転の旨を記載しただけです。

元データが全てなくて、トップページに移転先のURLを記載するという、人間が見てもひと目でわかるシンプルな対応をしておけば、いくらなんでもスパム行為と判定するほどGoogleもバカじゃないだろ、と思っています。

WordPressをGoogleのインデックスに登録

これでようやく、ブログの存在はWordPress1つになりました。

ここではじめて、Googleのインデックスに登録してもらうために、ウェブマスターツールからサイト登録。

以上で、アメブロからWordPressへの引越し完了です。お疲れ様でした。

このページをシェアする