クロスバイクのペダルをフラットペダル「Ludus Felix」に交換

クロスバイクのフラットペダル「Ludus Felix」

クロスバイクのビアンキ カメレオンテ4のペダルを、街乗り用に使いやすいよう、片面SPDペダルからフラットペダル「Ludus Felix」に交換にしました。

街乗り用に片面ビンディングペダルは乗りにくい

ビアンキ カメレオンテ4を購入したときに標準搭載されていたペダルは、片面SPDペダルという、片面フラット/片面ビンディング固定のもの。

普通のスニーカーなどで乗る場合は、こっちのフラット面。

片面SPDのフラット面

靴を固定する場合は、こっちのビンディング面。金具があってスニーカーには邪魔。

片面SPDのSPD面

ただ、私の使い方は普段街乗り用で、たまのサイクリングもカジュアルにスニーカーで乗る程度。

なので、ペダルに足を乗せた時に金具の突起物があるビンディング面が上にくると、その度にペダルを反対面に回転させないといけないので、煩わしいことこの上ない。

そこで、両面フラットペダルに付け替えることにしました。

両面フラットペダル「Ludus Felix」

フラットペダル「Ludus Felix」

いろいろある中で選んだのは、デザイン性、レビュー評価が高く、価格もAmazonで2000円程度とリーズナブルな「Ludus Felix」。

リフレクターは付いてませんが、夜は乗らないし、まぁいいか。

フラットペダル「Ludus Felix」黒色

白/赤/青/黒と4色あった中で、色が引き締まる黒色をチョイスしました。

ついでに、ペダル交換用の工具も一緒にポチり。

ペダルレンチ YC-156A

16/15、17/15mm対応のペダルレンチで、回しやすいよう絶妙な角度が付いています。

ペダルレンチは回しやすいよう角度が付いている

スパナなどでは固くて外せないペダルも、専用工具があると簡単なので、ペダル交換には必須なんだとか。

ペダル交換作業

はじめてのペダル交換作業。

ペダルを外すには、ペダルつけ根のネジを回します。

ペダル交換で回す部分

ペダルを手で押さえながら、ペダルレンチでグッと回すと簡単に外れました。

ペダルレンチで交換作業

ペダル取り付けも同様に、ネジを回して、最後にペダルで固く締めて、作業完了。

専門工具があったからか、はじめてでも簡単に交換することができました。

ビアンキ クロスバイクのペダル交換

デザインもいいですね。ビアンキカラーにも合って、さらに引き締まった感じで格好良い。

ビアンキにフラットペダル「Ludus Felix」装着

早速乗ってみましたが、踏み込む感じがしっかりしていて違いが分かります。また、スパイク状のピンが靴底を捉えてくれるので、滑ることもありません。

何よりも、ペダルに足を乗せた時に突起物のある面がきて、いちいち回転させる必要がないので楽チン。

こんなに快適なら、もっと早くに替えてりゃよかった。

このページをシェアする